そもそもエアコンは移設する事を前提として設計されておりませんが、取外したエアコンは再利用する事が可能ですので「移設」の概念があるという事をご理解下さい。

しかし、引越などにおいて、「●回目の移設なのでもう無理」という事はありません。

ただし、何度も移設をすると取付加工の際に主要部(放熱板に溶接されている冷媒管)が潰れてしまうことがあります。(決して工事不良という意味ではないです)

nezire

取外した際に写真のようになっていた場合、修理代(部品交換)代金だけで数万円かかる事がありますので買換をお薦めすることになります。



「移設するとガスが抜けてしまう」という話も聞きますが、正規の手順によって取外・取付をしている限りそれは皆無です。

取外時にはポンプダウンによって室外機に冷媒ガスを集めて弁を締めて封入します。

取付時には真空引きを行い、接続ミスなどがないように確認をしています。



ガスが漏れる原因として考えられるのは・・・

設置後に、何らかの理由(例:室外機が動いた)によって接続部にズレが生じてしまう。

取外後に室外機の弁が劣化していたために冷媒ガスが漏れるといったケースもありますが、通常は取外時に発見出来ます。

その他、真空引き時にも発見出来ないほどごくごく微細なガス漏れがあった場合、長年の使用(10年超)で少なくなってしまっていたという事は現実にはありました。


irai price